Reina Shimizu

清水 玲奈

1989年生まれ、大阪府堺市出身。

6歳よりピアノ、13歳よりフルートを始める。

大阪府立泉陽高校入学後、軽音楽部でテナーサックスに出会う。

2006年神戸jazzソロオーディションに合格、熱帯jazz楽団と共演。

その後、FM COCOLO,朝日放送『musicるTV』,新聞などメディアに多数出演。

2008年 甲陽音楽学院入学後、古谷光広氏、荒崎英一郎氏に師事し在学中からLIVE活動を行う。

2009年『Power LIVE 2009 』でベストソリスト賞を受賞。

2010年卒業後、ユニット『ザ☆ファイターズ』でミニアルバム『Midnight Fight』をリリース。

2011年からトート音楽院、三木ミュージックサロンで講師業も始める。

2015年9月~2017年12月 東京ブラススタイルに所属。

日本全国の小中高生を中心にクリニックを行い、芸術鑑賞会などにも多数参加。

幅広い活動により出会えたアーティストのライブサポート、レコーディングにも参加。

2017年松尾スズキ演出 長澤まさみ主演ミュージカル『キャバレー』のキット・カット・

クラブ・バンドとして、東京・神奈川・大阪・仙台・愛知・福岡など全38公演出演。

2017年Roland初のデジタル管楽器 エアロフォンのセミナーやレッスンを精力的に行い、

デモンストレーターとして音楽誌Sax World(Vol.6~9)で記事を連載。

2018年、オリジナル全7曲を収録した自身初のリーダーアルバム『1031~イチマルサンイチ~』をリリース。

音楽誌『jazz Life(2018.12月号)』『Sax World(vol.11)』にアルバムレビューが記載され、

注目を集める。

2018年10月~2019年2月 レコ発ツアーLive(追加公演も含む)、大阪・東京・京都・台湾など、

全7カ所。どの会場も満員御礼、大盛況で幕をとじる。

現在女性では珍しいテナーサックス奏者の中でも、パワフルなサウンドとアグレッシブな

パフォーマンスがトレードマークとなり、日本のみならず台湾やメキシコ、スペインなど

海外でも幅広く活躍中。

 

 

《最近の参加アルバム》

東京ブラススタイル『BRASTA PARTY EXPLOSION LIVE!!』

FINAL FANTASY『みんなdeブラボ!』

石井竜也『BLACK DIAMOND』

 

《Live共演者(共演順)》

古谷充, 熱帯jazz楽団, 土岐英史, 東原力哉, 清水興, 野口五郎, ジャンクフジヤマ, 小林旭,

水前寺清子, 五月みどり, 橋幸夫, 三善英史, 伊東ゆかりetc...

《舞台共演者》

長澤まさみ, 小池徹平, 石丸幹二, 松尾スズキ etc...

《使用楽器》

Tenor:YAMAHA YTS-82Z (E98XXX)

Alto : H.Selmer  MarkVI Silver Plated (#171XXX)

Soprano : Yanagisawa S-99 (#187XXX) 

Flute : YAMAHA 411  Silver (#825XXX)